サバ缶(水煮)スパイシーキーマカレー! 食べ慣れた鯖缶が爽やかなスパイスカレーに変身!

鯖缶がこんなにも爽やかでスパイシーなカレーになるとは驚き!です。

休日のお昼、家に常備している鯖缶を使いスパイスカレーを作ることにした。ここ数年「スパイスカレー」という言葉がよく耳にします。

雑誌dancyuによると私もイベントでお会いしたことのある水野仁輔さんの本「かんたん、本格!スパイスカレー!」から使われ始めたそうです。

カレールーを使ったカレーと差別化するために使ったらしく、スパイスを組み合わせて作るカレーを指すそうです。

スパイスについては私も中華、インド料理などスパイス料理が好きで30種程度常備しています。

しかし未だ鯖缶には七味唐辛子を使った以外にスパイスという発想が無い

ただ、ここ千葉県に住んでいると、銚子名物の「鯖カレー」という缶詰レーがある。なので鯖にカレーの組み合わせは合うのだろうなと思ってはいた。それに家にある材料でできるそうなので、半信半疑にまずはランチに作ってみました。

なおレシピはdancyu(2018/9) 参考にしています。

鯖缶を使ったスパイスキーマカレーのレシピ

DSC05466

材料(二人分)

ホールスパイス

  • マスターシード:小さじ1
  • フェネルシード:小さじ1

パウダースパイス

  • ターメリック:小さじ1
  • ブラックペッパー:小さじ1

その他材料

  • サバ缶(水煮を使用):1缶(総量190g)
  • 玉ねぎ(みじん切り):半分
  • ニンニク(みじん切り):一かけ
  • 青唐辛子(タイのプリッキーヌを使用):1本
  • 香菜(パクチー):数本(茎と葉っぱ両方使用)
  • 生姜(千切り):少々
  • レモン汁:大さじ2/3
  • 塩:小さじ1/2〜1/4
  • ご飯:適量

作り方

  1. サラダ油(大さじ3)をフライパンに入れマスターシードを中火で10秒程度炒める。パチパチ音がしてきたら飛び跳ねるので少し火を弱める。次にフェネルシードを入れてこちらも10秒程度炒め(中火、マスターシードが飛びは跳ねるようなら弱火)ニンニクを入れ香りが出るまで炒める。
  2. 続いて玉ねぎを入れて同じく中火で炒める。(炒めすぎない。色が透き通る程度で良い)
  3. 鯖缶を汁ごと入れて、ターメリック、ブラックペッパー、塩を入れ鯖の塊を潰すように炒める。
  4. 最後にレモン汁、パクチーの茎を入れて軽く炒めて火を止める。
  5. お皿にご飯とカレーを盛り付ける。生姜の千切りとパクチーの葉をのせて完成。

DSC05485

食べ終えて

まず口に入れると、ホールスパイス(マスターシード、フェネルシード)の爽やかな香りが口に広がります。続いて酸味(レモン汁)と青唐辛子のピリッとした辛さ、フレーク状の魚肉の軽い食感、そして最後に爽やかな余韻が残ります。

なんとも表現できない、今まで食べたことの無い味です。これが今まで食べ慣れたあのサバ缶?というのが正直な感想です。

私にとってサバには味噌か醤油という、長く体に刻み込まれた味覚を覆された感じです。

食べ進めるうちに遥か異国の地に旅立っていました(笑)皆さんも是非お試しください。きっと驚きますよ。

DSC05492

DSC05497

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。