魚焼きグリルで作る本格タンドリー風チキン(グリルdeタンドリー) アルミホイルを敷いて後片付けも楽チン!

魚焼きグリルは便利な小型オーブン、我が家では焼き鳥もグリルで作っている

今回はタンドリー風チキン それも結構本格的な味に仕上がりました

ちなみに我が家の魚焼きグリルは上火です

最近外で焼き鳥を食べることが多く、外では無くお家でまったりと焼き鳥を焼きたいという衝動に駆られ、作って見ることにしました。 我...

魚焼きグリルで作るタンドリー風チキン レシピ

材料:

  • 鶏手羽元:5本
  • 鶏胸肉:2枚(もも肉の方が美味しいが、ヘルシーなので今回敢えて胸肉を使用)
  • プレーンヨーグルト:100g
  • 塩:小さじ1(鶏肉に振りかけるのは別途適量)
  • おろしにんにく:小さじ1
  • おろし生姜:小さじ1
  • クミンパウダー:大さじ1
  • パプリカパウダー:大さじ1
  • カレー粉:大さじ 1/2
  • パクチー:適量(盛り付け用)

作り方:

  1. ボウルにヨーグルトとスパイス3種類を入れて混ぜる
  2. 鶏肉はペーパータオルで水分を拭き取り、鶏手羽元は食べやすいように骨の周りに切れ込みを入れておく
  3. 鶏胸肉は食べやすい大きさに切り、表面に塩適量を振りかけとおろしにんにく、おろし生姜をすり込む
  4. ジプロックなどビニール袋に鶏肉を入れ、ヨーグルトスパイスを混ぜた液体を流し込み、閉じたらよく揉み込み
  5. 冷蔵庫に30分以上おく(今回4〜5時間)
  6. 焼く30分程度前に冷蔵庫から取り出してなるべく常温に戻す
  7. 魚焼きグリルの網の上にアルミホイルを敷き(橋を折り曲げておくと鶏肉の脂が流れない)鶏肉を並べて弱火で焼く。途中焼き色を見ながら手羽元は焼き面を変え、胸肉は裏返しして焼き加減を調整する
  8. 中まで火が通ったら火を消し、アルミホイルを上から被せて保温する(5分程度)

ポイント:鶏胸肉は火が通り過ぎるとパサパサになりやすいので厚みをなるべく均等にした方が良い

DSC02807

DSC02809

DSC02812

DSC02814

DSC02820

DSC02821

完成

思いのほか美味しそうに焼けました

DSC02833

DSC02828

DSC02837

DSC02839

感想

手羽元は少し焦げが多いものもあるが焼き色としては美味しそうに焼けた。実際の焼き加減としも表面パリッと中しっとりで合格点

味の方もしっかりとスパイスとにんにく生姜が効いてパンチがあり想像以上の出来

ただ胸肉は厚みがある場所は良いが薄いところはやや火が通り過ぎてパサパサになった。厚みのある場所に包丁を入れ、厚みを均等にしないと焼き上がりを間違えるので注意が必要

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ