鶏肉と玉ねぎトマトジュース煮 少し失敗もリカバリ

鶏肉をトマトジュースで煮込む簡単鶏肉煮込みを作ったよ〜。鶏肉のトマト煮込み料理は今までカチャトーラをはじめ何度も作っとるんじゃが、トマトジュースを使うのは今回が初めてなんよ。

実は今回少し失敗したんじゃが、しっかりリカバリできて美味かったよ。

軽めの赤ワインにもよく合うで!

今回、TV Asahi おかずのクッキングから落合務シェフのレシピをベースに少しアレンジしてみたよ。

ではレシピ

材料

  • 鶏もも肉:550g(2つ入りのパックを使用)
  • 玉ねぎすりおろし:300g
  • じゃがいも:2つ(電子レンジでラップして3分茹でておく)
  • ブロッコリ:少量(茹ておきました)
  • トマトジュース(無塩):300cc
  • にんにく:1片(スライス)
  • アンチョビフィレ:1〜2切れ(今回はペースト適量を使用)
  • ローズマリー:少量
  • オリーブオイル:適量
  • 鷹の爪:2本(本当は1本)
  • 薄力粉:適量(肉にまぶす)
  • 塩、黒胡椒:適量

作り方

唐辛子オイル

  1. フライパンにオリーブ油(大さじ6〜7)をひきローズマリーを入れ弱火で香りを出す。ローズマリーの枝が固まってきたら取り出す。(焦がさないように)
  2. にんにくをきつね色になるまで火を通し油に香りをつける。
  3. 火を一旦消し油の温度を下げ、半分に切った鷹の爪(中の種子を除き)を入れ弱火で焦がさないよう1分程度で取り出す。

鶏肉を焼く

  1. 鶏肉は塩を振って2〜3分放置。その後薄力粉を薄くふりかけ唐辛子オイルの入ったフライパンに皮目を下にして中火で焼く。
  2. 裏返しきつね色になったらひっくり返し1分程度でボウルなどに取り出し余熱で火を通す。

Point:焼き色をしっかりと付けることで、ソースが香ばしく旨みが
スープに溶け出す。

ソース作りから煮込み

  1. フライパンに残っている油の量が多すぎれば軽くすくい取る。
  2. アンチョビを入れ溶かす。油がはねるのでその際は弱火に。
  3. 中火にしてトマトジュースを入れ、フライ返し等でフライパンの底をなぞり、底が見えるようになるまで煮こむ。
  4. すりおろした玉ねぎを入れて鶏肉を入れ弱火で10分〜15分程度煮込む。途中味見をし、必要に応じて塩を入れる。最後の5分程度前に茹でたブロッコリ、ジャガイモを入れる。

Point:トマトジュースを煮詰め水分が飛びトマトの旨味を引き出す。

仕上げ

  • 味を見て黒胡椒を振リ、皿に盛り付ける。

感想

  • トマトジュースもしっかり煮込む(煮詰める)とトマトの旨味が凝縮して甘みを感じて美味しいソースになるな。
  • 鶏肉は皮目に焦げ目を付けることで煮込んでも香ばしいいな。あと、すりおろしの玉ねぎのせいか肉がやわらく硬くならないのもええな。

次に向けて

  1. 鶏肉の量が多いせいもあるが、肉から出た油の量が多いので、軽くすくい取った方が良かったかもな。少ししつこかったかもな。
  2. すりおろし玉ねぎは15分程度煮込んでも辛味が取れん。次は、電子レンジで2〜3分チンしが方がええな。
  3. もっと濃いのが好きなら5分前くらいにフライパンに蓋をしてパルミジャーノチーズをふりかけて溶かしたらいいかもしれんな。(わいには十分じゃがな)
  4. また玉ねぎの話じゃが、今回大根おろし同様の卸し器ですったんじゃが、すれんようになった最後の塊をみじん切りして混ぜたんじゃ。そしたらこれが煮込んだだけじゃ、辛味が取れず焦ったよ。せこく使ったのが間違いじゃったww

今日のお酒 赤ワイン

今日のワインはこれじゃ、ここ最近ずっとタカムラワインで買うとるボルドー6本赤セットの一本じゃ。少し軽めじゃが香りと酸味のバランスがよく美味しかったな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。