パタヤ セカンドロードAVENUE昼間限定営業の屋台街 独特の「ガパオ・ムー」とイサーン料理「ラープ・ムー」絶品「ソムタム」最後はスイカジュース!(追記あり)

7/8(日)にバンコクから移動しパタヤ2日目のランチはセカンドロード沿にある、AVENUEショッピングモールの屋台街に行ってみた。

この屋台、昨年9月に行った時に発見し、次回は行ってみようと決めてました。

しかしこの屋台街、夜は営業してないようです(実際に夜に行ったことがないので詳細不明)

DSC04509

1階の駐車場スペースが特設の屋台街になってます。今まで近場で、まともなタイ料理屋というと、ソイ・ブアカオ

まで行ってましたが、ビーチロードからもAVANIからも程近い場所にできたのは何より嬉しいことです。

DSC04488

屋台のおばちゃんに、何時までやってるの?と身振り手振りと英語で聞いたら5時半と手を使って教えてくれました。

DSC04498

客層はほぼ8割が地元の人、時々観光客がちらほらと。

DSC04499

約10店舗くらいはあるでしょうか。(写真のおばちゃんの店でガパオを注文)

DSC04490

イサーン料理のお店もあります。

DSC04493

ガパオ・ムー

とりあえずは定番のガパオ・ムーを注文してしてみました。玉子がついて60バーツ、まあ普通の値段です。

DSC04494

肉が大きく切ってある、またシーズンにングソースの味が濃い、辛さは加減されたのかあまりない。

最初あまり好きな感じの味ではなかったのですが、調味料を使うと、結構美味しくなりました。

DSC04495

緑のは青唐辛子ではなく、インゲン。青唐辛子は入ってなく赤唐辛子のみでした。

DSC04496

続いてイサーン料理のお店へ

注文したのは「ラープ・ムー」70バーツと「ソムタム・タイ」60バーツと餅米のカオニャオ10バーツ。この日

奥様は体調が少し悪かったので、持ち帰りに。

2018/8/10追記:写真を載せました。

お持ち帰りはビニール袋に入れるいつものタイスタイル

ホテルに戻り日本から持参してきた紙皿に盛りました。

ちなみに、持ち帰りホテルで食べることを想定して紙、アルミの食器を常に持参してます。

ソムタム

ここのソムタムは注文を受けてから、石臼で香味野菜を叩いて作ってました。ピーナッツペーストを使う甘めのそれと違い、本格イサーンのソムタムです。

香り、食感、酸味、辛さと抜群の美味しさ。次回もこの店で注文したいと思います。

ラープ・ムー

こちらはレッドカレー風味のラープ。ミント、焼き米ははいってません。期待していたものとは違いますが、辛さも丁度よく(とても辛い)、これはこれで美味しくてよかったです。

カオニャオ(もち米)ともよく合うので、交互に食べると美味しいです。

スイカジュース

暑い中持ち帰るには体を冷却しないと、ということで大好きなスイカジュースをジュース専門店で注文。

DSC04506

DSC04508

ここのは昨日の夜飲んだのより、果汁が濃いめでとても美味い。体もヒンヤリとしくる。

10ヶ月ぶりのパタヤ、例年9月に来てたのが今回初めての7月。タイでは6月から10月は雨季で雨量は9月より7月の方が少ないとされる。久しぶりにパタヤビーチを歩く、じとっとした湿った空気ではあるが、海風が心地よい。風が無く、ただ蒸し暑いバンコクとは違い、海沿の影響か晴れの割合も多く海風があって過ごしやすいのもパタヤへ行く理由の一つ。

スイカジュースを飲みながら、テルまではイタリアンレストラン「Hops」のソイを通り戻ります。

このソイはあまりごちゃごちゃしてないので、とても歩きやすい。隣のスタバのあるソイとは大違い。

DSC04512

お持ち帰り

ちなみに、屋台での持ち帰りはいつもビニール袋です。最初は驚きますが、もう慣れてるのでなんとも思いません。

DSC04514

ホテルで紙の器に移します。

ラープ・ムー

一口食べて「何か違う」、レッドカレーの味がします。それにコブミカンの葉も。普通なら両方とも使われません。

焼き米も入ってない。レッドカレーベースの豚ひき肉料理、今まで食べたことのない料理です。

しかし、これはこれでありです。こ

作るとき、おばちゃんから「スパイシー OR ノースパイシー?」と聞かれ「スパイシー」と答えたら、やはり、

容赦無く辛い!

DSC04518

カオ・ニャオ(餅米)

ラープ・ムーもどきが辛いので、もち米と一緒に食べると辛さも和らぎ、カレー風なので餅米ですが、ご飯とも合います。DSC04515

ソムタム・タイ

こちらは間違いないイサーン料理のソムタムです。酸味は少なめでしたが普通に美味しい。

DSC04516

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。