広島お好み焼き こばやし 船橋薬円台

新京成線薬円台駅徒歩3分程度にある広島お好み焼き屋さん。比較的近所ですが当分行っててなかったらいつの間にかお好み焼き屋さん、それもこのあたりでは珍しい広島風のお好み焼屋さんではないですか。

最初はランチに行ってみました。ランチは12時~2時(ラストオーダー1:30)

メニューはお好み焼きのほかには焼きそば、焼きうどん。もちろんお好みを注文しますが、店内の黒板にはお好み焼きには、「そばorとうがらし麺」。うどんはないようです。なお、トッピングとして、エビ、イカ天ソフト、チーズ、キムチ、ネギ、焦がしネギマヨというのが各300円とあります(トッピングは少々高め)

私が食べたいのは基本の「肉玉そば」、広島ではこれで通じますが、ここではお好みに何が入っているのか分からず聞いてみると、肉玉、イカ天も入っているようです。なので、イカ天をトッピングする必要はなく、お好み焼きを「そば」でと注文しました。

お店内は鉄板、調理用具もみなきれいです。調べると丁度1年前の開店のようです、ただ鉄板がきれいなのは手入れが行き届いてるだからと思います。

焼きは基本おばさんが一人です。接客はときどき娘さんらしき方が担当されていました。

お好み焼きの作り方、具はお店で異なりますが、こちらでは、

  • 生地を引き、魚粉を振りかける
  • キャベツ、ネギ(玉ねぎの微塵のように見えた)、イカ天(少なめ)、もやし(少なめ)をのせる
  • 調味料(塩コショウでしょう)を振る
  • 豚バラ肉をのせ、その上にラードを少しのせる
  • ひっくり返し、蒸し焼き。その間麺を茹でる(生麺を使用)
  • 茹でたら鉄板にのせ油?を少しふり軽く炒める
  • 玉子を割って鉄板の上でのばす。そばを本体の上にのせる。
  • 玉子の上に本体をのせ、ひっくり返し、ソース(オタフク)、青のり(大量)をのせて完成

大きさは広島のものよりだいぶ小さいですがこれが関東サイズなのでしょうがありません。味の方は、キャベツの甘み、蒸し麺ではなく生麺独特の少しもちっとした麺の食感と全体的に柔らかいふわっとしたお好みです。イカ天の風味、濃すぎない味付けと結構私好みです。パリッとした麺が好きな人、もう少し濃い味が好きな人にはいまいちかもしれません。

個人的には広島でもおばちゃん一人がやってるお店でよくある味で懐かしい味です。ただ、残念なのは青ネギを使ってないこと。こちらでは広島と違い青ネギは高いのでしょうがないでしょうね。これで税込790円は関東ではかなり良心的な価格だと思います。

実はこのGWの間3回も通ってしまいました。夜にはホルモン焼き(600円)もいただきました。少し甘めな味付けですが美味しかったです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク