タイ料理

インゲンとピーマンのガパオ風ライス

野菜(インゲン、ピーマン、玉ねぎ)をたくさん使ったガパオ風のライスです。豚肉細切れと冷蔵庫にある野菜を使って作る休日のランチ。豚肉と野菜を切ってタイの調味料シーズニングソースで炒めるだけ。なければオイスターソースで代用できます。
中華

つるっとしっとり!鶏むね肉「鶏むね肉のピーマン炒め」

福島県産のピーマンと鶏むね肉の中華炒めです。ポイントは鶏むね肉の前処理、卵白と片栗粉を使って肉をコーティングすることでベルベットのような?つるっと、しっとり、もちっと柔らかい驚きの食感です。シャキッとしたピーマンと食感の違いが絶妙で、味自体は薄味ですが、どんんどん食べたくなって止まりません。
イタリアン/フレンチ

しゃきっとした食感にバターとチーズのコク「ソーセージと福島県産インゲンのバター炒め」

今回はインゲンのバターソテーを紹介します。インゲンは年間を通じて流通されますが、初夏と秋に旬を迎えます。インゲンと言えば私はバター炒めです。クタっとじっくり炒めたインゲンにバターのコク、仕上げにパルミジャーノチーズを振りかけると、ワインに合う最高のおつまみになります。ビールにも合いますよ。
イタリアン/フレンチ

福島県産幸水(梨)と生ハムのサラダ

福島県産の幸水(梨)と生ハムのサラダを作りました。幸水は甘みが強く、みずみずしく、シャキシャキとした食感が特徴の美味しい梨。梨の甘味と生ハムの塩気が美味しく調和したサラダです。
メキシカン

ライム香るスパイシーマリネ「タコのセビーチェ」

タコのセビーチェです。本来セビーチェは新鮮な魚介を使うことが多いそうですが、今回は簡単に蒸しタコを使いメキシカンなセビーチェを作りました。スパイスの香りと辛さにライム果汁のさっぱりとした風味。夏の昼下がり、セビーチェとテキーラ、ゆったりとした時間が過ぎていきます。
イタリアン/フレンチ

オレガノ香る鶏むね肉の完熟トマトソテー ペンネ添え

福島県産の完熟トマトを鶏むね肉とあわせました。鶏むね肉は完熟トマトの甘さと旨みを吸収し、しっとりとした食感と口の中に旨みが広がります。それにトマトとオレガノの風味がベストマッチです。
中華

つるっとモチモチkiki麺は極上の汁なし麺!ニラ・唐辛子・肉味噌の蒼蠅頭(ツァンイントウ)トッピングで最上級の汁なし麺

台湾製の乾麺、「kiki麺」という素晴らしい麺に出合いました。KALDIでたまたま手に取ったのですが、「もちもちツルツル」の食感は、私の中の乾麺のイメージが変わりました。 今回私が買ったのは「kiki麺 チリー」そのままでとても美味しいですが、肉味噌、ニラを使った蒼蠅頭(ツァンイントウ)作ってトッピングしてみました。
イタリアン/フレンチ

夏にさっぱり!鱈のムニエル福島県産フレッシュトマトのバルサミコソース

鱈のムニエルをさっぱりと、福島県産のフレッシュトマトとあわせました。バターとバルサミコ酢のコクが白身の鱈にコクと旨みを加え、最後にフレッシュトマトが口の中を爽やかにしてくれます。
中華

レッドペッパー、花椒増量で辛さ痺れ増しの「汁なし担担麺」

連日暑さは続いてますね。必然と辛い食べ物を体が欲します。私の場合... ということで久しぶりに汁なし担担麵を作りました。今回はレッドペッパーと花椒を増量した辛さと痺れ増しの汁なし担担麵、作り方も市販のごまだれを使った簡単バージョンです。
その他料理

福島県産つるむらさきと豚肉のピリ辛ナンプラー炒め

今回は福島県産の「つるむらさき」を使った豚肉との炒め物を紹介します。つるむらさきは栄養価も高く今が旬の夏野菜。生産量は福島県がダントツの一位で、その4割を占めるそうです。今回はそのつるむらさきを豆板醤とナンプラーでエスニックな炒め物を作りました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました