スペイン風野菜煮込み「ピスト・マンチェゴ」ポーチドエッグ添え 

フランスのラタトゥイユイタリアのカポナータに似たスペイン風野菜の煮込

トマトは少なめ、クミン、パプリカパウダーなどの香りが効いているのが特徴

生ハム、腸詰類などと食べたり、目玉焼きを添えたりしていただくそうです

このまま生ハムと一緒に白ワインに合わせてももちろん美味しいですが

冷めていてもおいしいので、前の晩に作ったものをリメイク、

ポーチドエッグを添えたら朝食にもぴったり

ピスト・マンチェゴ( Pisto manchego)wiki

【レシピブログの「スパイスを使って世界の朝ごはんを作ろう!」レシピモニター参加中】

スパイスで世界の朝ごはん料理レシピ

スパイスを使った朝食第一弾はこちら

スパイシーなインド風スクランブルエッグ「アンダ・ブルジ」トマトときゅうりのライタ添え~スパイスアンバサダー~
レシピブログ・ハウス食品主催のスパイスブログの「スパイスアンバサダー」この度就任いたしました!その第一弾は「アンダ・ブルジ」です。インド北部、南部、さらにパキスタンを含めポピュラーな 軽食、パンといっしょに朝食としても食べられてます。 トマト、玉ねぎなどオムレツの具材を玉子でとじて炒り卵上にした、ひとことで言うならカレー風味のオム炒り卵。クミン、コリアンダーの香り、青唐辛子とレッドペッパーの辛さが玉子でマイルドになりパンにもよく合います。

 

スポンサーリンク

ピスト・マンチェゴのレシピ

材料(2人分)

  • 玉ねぎ(粗みじん):1/2個
  • セロリ(粗みじん):1/2本※無くても可(入れない場合は玉ねぎ1個)
  • ズッキーニ(1㎝角程度に切る):1本
  • ナス(粗みじん):2本(小さ目のサイズ)
  • トマト(大):1個(小なら2個)
  • 黄パプリカ:1個(色は適宜)
  • にんにく(粗みじん):2片
  • ブーケガルニ:1袋
  • オレガノ:適量
  • ローリエ:1枚
  • クミンパウダー:小さじ1/2
  • パプリカパウダー:小さじ1
  • 白ワイン:大さじ1(無くても可)
  • 塩:適量
  • 黒胡椒:適量
  • オリーブ油:適量

作り方

準備:ナスを切ったら塩水に浸して15分程度置いた後、水ですすぎ水切りする

  1. フライパンにオリーブ油を大さじ1程度入れ中火でにんにくが色付くまで火を通し玉ねぎ、セロリを加え透明になるまで約3分程度炒める
  2. ズッキーニを少し色付くまで入れ2~3分程度炒める
  3. パプリカ、ナスを入れて入れて少し色付くまで2~3分炒め、白ワインを入れ強火でアルコールを飛ばし中火に戻す
  4. トマトを入れつぶしながら少し炒め、クミン、パプリカパウダー、オレガノ、塩小さじ1、ブーケガルニ、ローリエを入れて5分ほど煮込み、塩コショウで味を調整
  5. 器に入れ、ポーチドエッグを添える

ポーチドエッグ:お茶碗に卵が浸かる程度水を入れて卵を割り入れ、電子レンジ500Wで1分50秒程度でできます(堅さは時間で調整)

※ポイント
野菜は一度に入れず、なるべく分けて、それぞれ軽く色付く程度に炒めた方が野菜の味が引き出されてコクが出ますまた、オリーブ油をつぎ足すと火の通りがよく色付きやすくなります。

コンソメなど入れなくても野菜それぞれの味が重なり合いコクがでて自然の甘味と旨みを感じます

半熟の玉子と共にパンといっしょにいただくと、ちょとリッチな朝食になります

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました