宮崎産柑橘「へべす」香るタイ蒸し魚料理「プラー・ヌン・マナオ」

マナオ(タイ産ライム)の代わりに宮崎産の柑橘「へべす」を使い、タイ魚料理の代表、  プラー・ヌン・マナオを作っててみたところ、酸味と少し甘味のある絞り汁はこの料理にとてもよく合いました

レシピブログネクストフーディストの、宮崎県産のきゅうりやを使ったアイデアレシピ企画に参加しています。こちらが「へべす」 大きさはカボスとかと同じ位ですが果汁が多い

へべす(平兵衛酢)とは
柚子やスダチなど他の柑橘に比べ皮が薄いため、女性や子供でも果汁を絞ることができ酸味がとてもまろやかです。そして、なんといっても平兵衛酢の最大の魅力は、爽やかな香りと優れた機能性です。潤沢な果汁のなかには豊富なビタミンCと<必須>アミノ酸が含まれています。 出典:KUMANO FARM

宮崎産柑橘「へべす」香るタイ蒸し魚料理「プラー・ヌン・マナオ」レシピ

材料(2人分)

  • (A)ナンプラー:大さじ2
  • (A)へべす絞り汁:大さじ2
  • (A)砂糖:小さじ1
  • (A)にんにく(みじん):2片分
  • (A)青唐辛子(刻む):2本※ない場合は赤唐辛子
  • (A)パクチーの根(潰して刻む):大さじ1
  • 魚(いしもち):1匹※鯛、すずきなど白身魚で代替可
  • パクチーの葉(盛り付け用):適量
  • へべす(輪切り):適量※香り付用、盛り付け用
  • お酒:大さじ1
  • ねぎ(白い部分5センチ):白髪ネギを作る

作り方

  1. (A)を器に入れ混ぜ合わせ、へべすソースを作る
  2. 魚は内臓と鱗を取り包丁で浅く切れ目を入れる。皿にのせてへべすをお腹の中、と魚の上にのせる(香り付けのため)、魚の表面にお酒をふりかけておく
  3. 蒸し器に水を張り、更にのせた魚を入れ蓋を閉じる、強火で蒸気が出てきたら弱火にし15から20分程度蒸す(蒸されたかは途中確認しながら様子見する)
  4. 蒸し器から取り出し魚の上にへべすソースをふりかけ、ライムとパクチー白髪ねぎを添えて完成!

タイ料理によく合う「へべす」

宮崎産柑橘「へべす」は、タイで使われる柑橘マナオ(タイ産ライム)と酸味、甘味が似ていのでこの料理にとてもよく合います

蒸した白身の魚に柑橘の酸味とナンプラー、唐辛子の辛さのソースでいただくこの料理、和食には無い白身魚の美味しい食べ方で、とても好きな料理のひとつ

幻の柑橘と言われる「へべす」 タイ産ライムのマナオを使う料理はほかにもありますが、きっと「へべす」は他のタイ料理にもよく合うと思います

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク