demio (デミオ)ディーゼルリコール(2017/9) ~対策後、運転フィーリングが少し変わりました~

リコールのお知らせ

2017/9月、デミオにリコールのお知らせがありました。先日ディーラーにて対策を実施してきましたので、簡単ですがレポートします。車は2016/2月登録のdemio xd (LDA-DJ5AS) ブルーリフレックスマイカ、ブラックレザーリミテッドです

購入時の記事はこちら

リコール内容

今回のリコールは、「ディーゼルエンジンにおいて、エンジン制御コンピュータの吸入空気量制御が不適切なため、気筒内の燃料濃度が部分的に濃くなり、燃焼時に多く煤が発生することがあります。そのため、排気バルブが開いた際に煤が排気側バルブガイド周辺に入り堆積して、バルブが動きにくくなり、圧縮不良による加速不良や車体振動が発生し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあります」というもの

リコール対策作業

対策は簡単に言うとプログラム変更と、煤の除去。約1時間程度で終了しました。

作業中、少し遠目に覗くと、エンジンを凄い勢いで空ぶかししていました。きっとこの時エンジンを高回転に回して上記の煤を清掃作業をしているのだと思われます。ただ、お陰で燃料を結構消費されてしまいました。作業後の燃費表示が悪化していましたので。
作業後は洗車してくれたようですが、時間を作ってディーラーに出向き貴重な時間と、燃料も消費され、当然の誠意だと思いますが、もう少し何かあってもよいと思いました。

対策後の試乗感

対策後に運転した感想です。

低速で走行する際の重たさが解消されアクセルが少し軽くなった感じがしました。

・また、低速からアクセルを踏み込むと、反応よくエンジン回転数が上がる感じで、それに関連してギアチェンジも早い感じがしました。

・ただ、逆に低速からアクセルを少し踏んだでけで力強いトルクによるスーッと気持ち良い加速感をあまり感じなくなりました。

まとめると、低回転でのアクセルが軽くなり、よりスムースに加速する。低速での強力なトルクを感じなくなりました。個人的には今までのガソリン車では経験したことのない低速域からの加速感、トルク感が楽しかったので、今回のプログラム変更は少し残念です。

後日、この事を作業担当者に聞くと、プログラム変更の目的以外、変更内容詳細は把握してないということでした。これも少し残念な回答です

価格.comのリコール後の変化 のスレッドでは、燃費の変化についても下がった、上がったとコメントがあるようですが、私は距離を乗ってないので、これから検証したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク