2010タイ旅行記Vo.4 フォアラポーン駅前での朝食 安旨カオマンガイ、センヤイ・パッシーウ (9/11)

バンコクセンターホテル周辺で朝食が食べれ店を探す。周辺に屋台が数件あったが、道を挟んでほぼ向いにある、フォアラポーン駅の前に2件あったうちの1件、中学生っぽい子が外で食べてて美味しそうたったので、ここに決める。

私は朝飯の定番カオマンガイを注文 バンコク到着後初めての食事は2年ぶりの味。30バーツ

奥様は幅広の手打ち麺と野菜の炒め物センヤイ・パッシーウ。これは初めて、もちもちとした食感の麺、そして味付け(たぶんオイスターソースとシーズニング?)が美味い。30B

パッカーナー・ムー・グロブ(タイ野菜「カナー菜」とクリスピーポークの炒め)、硬い食感と濃い味付けの豚肉がこれまた美味い。50B

朝食(二人)合計:130バーツ(約390円) 満足。安うまでタイに来たーって感じ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク