一覧

鱈とジャガイモのトマト煮込み(メッシーナ風)

この時季、旬の鱈を使ったトマト煮込み「鱈のメッシーナ風」(鱈とジャガイモのトマト煮込み)Merlzzo alla Messinese メッシーナとはイタリアは、魚介類が豊富なシチリア島の地名、干し鱈を使った料理。トマトに鱈の旨みが滲み込んでほくほくのジャガイモと一緒に体が温まります。

脂のった寒さばの「しめ鯖」づくり

ここ関東でも最高気温が10℃に満たない寒い日が続き、冬本番。こんな時、美味しくなるのが寒ぶり ですが、実はさばも旬。丸々太って脂ののった寒さばがご近所の魚屋に並び始めました。こちらを使って「しめ鯖」を作りました。 この時季の真さばはしめ鯖に最適。私好みの酸味強めのしめ鯖に仕上げました

カレイの煮付け豆板醤ソース

秋本番、豆板醤を使った四川風のカレイの辛味煮付けを作った。マコガレイ、イシガレイ、クロガレイと一口にカレイも色々な種類があるが、夏から秋にかけ旬を迎え、厚い身が特徴の「メイタガレイ」 特に関西ではマコガレイと並び人気の高級カレイ。というのは知らず、近所の魚屋でひと際美味しそうなので買ってきた

<フレンチおつまみ>メカジキと生ハム巻きのブロシェット(串焼き)

ブロシェット(Broshette)(仏)とは串(くし)のことで、串に刺して焼く料理。めかじきの旬は秋から冬、漁獲量は宮城県がダントツの一位、関東のスーパーにはこの時期、生のメカジキを多く目にします。淡白なメカジキには生ハム巻いて火を通すことで、適度な塩味に加えコクと旨みが増して食感も上質なお肉のようで何度か作っています。今回はフライパンを使った串焼きに挑戦してみました。

夏にぴったりカツオ料理2品!カツオキーマカレーとバジルトマトのイタリアンサラダ

旬のカツオを使って2品キーマカレーとイタリアンサラダを作りました。この時期のカツオは脂も少な目でさっぱりとしていて、スパイスカレーにぴったり、梅雨のうっとおしさもしばらく忘れさせてくれます。サラダはカツオにEXバージン油とバジルとトマトがよくあいます

スポンサーリンク