今回は成功!自作ローストチキン(Roast Chicken)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年恒例のカルフール(現イオン幕張)のローストチキンは予約を忘れ、並ぶのも嫌だから自分で作ることにした。過去に1、2度作って失敗したが、今回はうまく焼けた。しかし15年も前のオーブン機能付きレンジは庫内温度が均一でなく、焼くのに1時間半もかかってしまった。レシピは1年前の男子ごはんから。

【材料4人前】

レシピ
■お家で簡単!ケンタロウ風ローストチキン(4人前)
鶏肉:1羽
じゃがいも:5個
余り野菜の千切り(玉葱、セロリ、人参等):1.5~2カップ
にんにく(薄切り):1片分
好みのハーブ(オレガノ、ローズマリー、タイム等):4~6枝
ローリエ:2枚
a 白ワイン、オリーブ油:各大さじ3
酢:大さじ1
塩:小さじ1
粒こしょう:適宜
オリーブ油:大さじ2~3、 塩、こしょう:各適宜

■きのこクリームソース
しめじ:1パック、 にんにく:2片
オリーブ油:大さじ1
a 生クリーム:1カップ
牛乳:1/2カップ
粒マスタード:小さじ1
塩:適宜

【作り方】
1.ボールに余り野菜の千切り、にんにく、ハーブ、ローリエ、aを合わせて混ぜ、鶏肉を加えて絡め、ラップをして冷蔵庫で1時間以上(できれば一晩)ねかせる。途中、上下を返す。

※鶏肉の外側にマリネ液をもみ込み、さらに1時間以上漬け込む→1日半漬けました。

2.じゃがいもは芽を取り除き、皮付きのまま4等分に切って水に5分さらす。

3.鶏肉の中に野菜とハーブ類を詰めて天板にのせ、周りに水気を切った2を並べる。鶏肉に塩小さじ1/2をすりこんでオリーブ油を塗る。じゃがいもにはオリーブ油をかけて塩適宜を振る。

4.オーブンに入れて250℃にセットして10分焼き、200℃に下げて40分くらいこんがりと焼く。竹串を刺して血やにごった汁が出てこなければ焼きあがり。
※鶏肉を仰向けにして調理する。

5.焼いている間にソースを作る。

きのこクリームソース
1、しめじは石づきを落として小房に分け、長さを半分に切る。にんにくはみじん切りにする。
2、フライパンを熱してオリーブ油をひき、にんにくを弱火で炒める。香りが出てきたらきのこを加えて強火で炒める。きのこに少し焼き目がついたらaを加える。
3、2分くらい中火で煮詰め、味をみながら塩、こしょうでととのえる。

〇本日のワイン
(W)CAMINOS バギンボックス シャルドネ 3L ¥1,180
(R)Chateau MOULIN DU LUC BORDEAUX 2000 ¥1,280 イオン幕張 △

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク