羽田からバンコク スワンナプーム空港 エアボートリンクでバンコク市内へ

今年のタイ旅行は例年の9月ではなく仕事の関係で7月に取ることにしました。しかし本当はこの時期のタイは蒸し暑くて結構きついんですがね。

ということで、今日から8日間のバンコク、パタヤの旅行に行ってます。今回は成田でなく羽田からバンコクへ。

朝から強い雨が降りしきる中、リムジンバスに乗り羽田まで、途中雨と朝の渋滞で予定の時刻を少し過ぎての到着。この時点で9時を過ぎており、

出発時間の2時間を切ってました。

予めチェックインはしていたもすのの、預荷物の列が20分程度かかり、搭乗開始予定時間の10:40まで30分もない。

ということで予想外に時間が無いため、予定していたラウンジにも行かず、出国審査をそそくさとすませ、NH847便 (11:05羽田発バンコク行き)

の搭乗ゲート144に向かいます。

途中フードコート前を通り、奥まった場所にあるゲート144まで、これが結構な距離なんです。

ゲート近くに着くと少し時間があったのでカフェを探すもお店は一つしかありません…「Cafe and Book」とあるが、ラウンジで飲み損ねたビール

がこのカフェにあるのかと半信半疑で近づく、、と、ありました!

あまり期待してませんでしが、ここで飲んだ「アサヒドライプレミアムの生」これが美味しいこと美味しいこと!

最初はドタバタでしたが良い休日になる予感。

NH847便 B787

機内食 洋食 魚のトマト煮込み

DSC04134

和食は鳥の唐揚げ

DSC04136

バンコク スワンナプーム空港には定刻通り到着。

入国審査は相変わらず長く、どの列に並ぶかで多少変わりますが今回も30分位は並んだでしょうか。

バゲージを受け取ると、エスカレーターで、エアポートリンク(電車)B1Fの乗り場に向かいます。

電車に乗る前に、乗り場改札横で両替をします。空港内では恐らく一番レートが良いのではと自分では思ってます。

レートが良いと知られるSuperRichもありますし他の有名どころも軒を連ねてます。

両替を済ますとエアポートリンクの乗車券?を買います。終点でBTSと直結しているパヤタイ駅までは45B チケット

はトークンと言ってオモチャのコインのようなものです。

パヤタイ駅までは空港から約30分です。朝夕のラッシュ時は満員になるので、ちょうど重なると結構大変です。

いつもの成田便では丁度帰りのラッシュと重なるので大変でしたが、今回は4時過ぎだったので座ることができたので楽でした。

注意点は、パヤタイ駅の改札からBTSの乗り場に移動する際、階段しかなく大きめのバッグを持っていると結構きついものがあります。下りのエスカレーターか、エレベーターをを早く導入してして欲しいものです。

TSに向かう通路で気になったのが、「LAWSON108」去年はなかったような。バンコクではセブンが多いのですが、ローソンも力を入れ始めたようですね。

BTSパヤタイ駅

ホテルはチョンノンシーなのでBTSでサイアムまで行き、でシーロム線に乗り換えます。

サイアムからチョンノンシーまでは10分程度でしょうか。流石に街の中心街ですので、座ることはできませんが、短時間なので問題ありません。

しかし、チョンノンシー駅もこれがまた下りのエスカレータ、エレベータが無いのでスーツケースを運ぶのが一苦労です。

ホテルには夕方5時30位にチェックインできました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク