フライパン2つで作るお好み焼きとMTB自転車日記 晴天の秋晴れ 新川/印旛沼サイクリングコース  


何度か作って改良を重ねているフライパンで作るお好み焼き。
前回はフライパン一つで作りましたが、味がいまいちだったので、今回、また二つを使う作り方に戻してみました。

◆レシピ◆
材料(2人分)

  • 生地
    • 薄力粉  120cc
    • 水     120cc
    • みりん   小さじ1
    • 和風だし 小さじ1
      混ぜて冷蔵庫で20分以上ねかす
  • キャベツ     半分弱を千切り
  • もやし      少々(多すぎると水っぽくなる)
  • 青ネギ     みじんぎり 適量
  • いか天     適量(小さく割る)
  • 豚ばら肉    100g程度
  • 焼きそば麺   2袋(2回に分けて作るので一回にひとつ)
  • 卵2つ 塩胡椒を軽くして軽くかき混ぜる(2回に分けて作る場合は、器2つに入れる)
  • 塩胡椒     適量
  • 魚粉、とろろ昆布 適量
  • オタフクソース 適量

作り方

  1. フライパンは2つ用意する。私の場合一つはテフロン加工、ひとつはパエリアパンを使いました。
  2. パエリアパンに油をひき熱し、豚バラ肉を予め軽く焼いておく。脂が出るのでふき取る。※家ではどうしてもカリッと焼けないので予め焼いて皿に出しておく。
  3. 焼きそばもパエリアパンで火を通し、おたふくソースを軽く振って、少し炒め、皿に置いておく。
  4. テフロン加工のフライパンを熱し、生地をおたまで丸く伸ばす。その上に魚粉、とろろ昆布をのせ、生地が渇いてきたら、薄く油を引いたアルミ箔の上にのせておく。
  5. 火を止めたテフロン加工のフライパンに豚バラ肉、そば麺、キャベツ、イカ天、もやし、青ネギの順に載せ、塩胡椒を振り、最後に生地を少し降りかける。
  6. 最後にアルミ箔に置いていたクレープ上の記事を載せる(魚粉ととろろの付いた方を下側に)
  7. 弱火にしてアルミ箔を載せ、蒸し焼きにする。約10分間(ポイント:蒸し加減が全てです。とろとろの蒸し加減が好きな人は12~14分)途中野菜を試食すると感じが分かります。途中キャベツの量が半分程度になったら蓋をする。
  8. 蒸されたら、大き目のヘラで底の肉から持ち上げ、隙間から玉子を流し込む。
  9. 半熟程度で火を止め、皿をフライパンの上からかぶし、ひっくり返す。
  10. 最後に、オタフクソース、青のり(好みで)を載せ完成。もう一皿同じ工程で作る。

感想。野菜の蒸し時間が適当であったのでキャベツの甘味が際立っていた。また肉もあらかじめ火を通しておいたのでカリッと焼けて食感とアクセントになった。とてもよい出来であった。反省点は塩胡椒の量が難しい、あと、もやしの量

10月9日(祝)この日は気温25度 晴天 ほぼ無風と 秋にしては少し暑く湿度があるが自転車日和。この日も新川沿いを走る。33K

広島の友人が送ってきてくれたサントリーウーロン茶 菊池ボトル

コメント

  1. ゆっさん より:

    Unknown
    菊池ボトルの登場ありがとう?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。