カープ CS逃す 2015シーズン終了。。お疲れ様でした。

今シーズが終わりました。今年は黒田も復帰して期待の年だっただけに残念というか、それより力の無さを実感した最終戦でした。

マエケン7回無失点の好投、大瀬良は前の試合同様で、疲労が残っているのか急速はあるが制球が甘く3失点。

大瀬良はこの悔しさを是非来年への糧として欲しい。しかしそれより責められるのはこの大一番、満員の地元で1安打という貧打。今シーズのカープを象徴した試合、やはり野球は幾ら投手が良くても点を取らないと勝てないということを実感したシーズンでもありました。
来季はマエケンが大リーグへ抜けると、黒田、ジョンソン、大瀬良、福井、野村の先発陣、成長今一つの戸田がどう今オフで成長してくれるか。エルドレッド頼み菊池、丸の不調も痛かった打撃陣の立て直し、また中継ぎの補強も必要でしょう。1点差での負け試合の多さ、勝負弱さは緒方はじめコーチ陣も大いに反省して欲しい。
甲子園での田中のHRの誤診判定は頭に来ますが、誤解を承知で云うなら野球に誤診はつきもの、それを跳ね返す強さが必要です。現状では来シーズンはあまり期待ができませんが、選手の一層のレベルアップ、そして観客が初めて200万人を突破し球団は近年になく大いに潤っているでしょうから、大胆且つ的確な補強を球団にはお願いしたいものです。

今シーズンはマエケンの勝利をマツダで見ることができました。大リーグへ行く前に見納めができてよかったです。今年の観戦記録は、東京D1勝1敗、神宮3敗、マツダ2戦2勝(1試合雨天ノーゲーム)、鎌ヶ谷(2軍戦)1戦1勝でした。

カープファンの皆様 1年間お疲れ様でした~   (写真の子供は見ず知らずのカープ坊や)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。