いわし 塩焼き(ポルトガル風)といわしのソテー バジルソース


最近いわしに凝ってます。元々いわしは好きだったのですが、ポルトガルではいわしの塩焼きが有名なのを知って、日本では塩焼きはサバ、サンマがほとんどで、いわしは煮つけが定番、そんなに美味しいなら作ってみようと試しました。
作り方はいたって簡単、内臓とうろこを取って塩を振りレンジの魚焼きグリルで焼くだけ。食べる際、オリーブオイル(EXバージン)をたっぷりかけレモンを絞るだけ。これでいわし臭さも消え、見かけではわかりませんが和風のそれとは別物です。白ワインにとてもよく合います。是非お試しを。
写真では上2匹が塩焼き、下2匹は塩コショウし、小麦粉を振りフライパンでソテーしたもの。これに自家製のバジルベースとをかけて食べます。これは去年サンマで試して美味しかったのでいわしで今回は作りましたが、予想通り美味しくできました。今年はサンマもイワシも不良らしいのですが、なんとか旬の味を楽しみたいものです。
      
○本日のワイン
(W)ANDIMAR スペイン やまや 398円
(R)MARCHE Terra Buona SANGIOVESE イタリア やまや 980円

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク