タイ料理 タイ北部地方のソーセージと牡蠣のホイトードを手作りしてみた。

今日は私ではなく奥様得意のタイ料理です。

左からタイ北部のソーセージ各種(左からサイウア、ネーム、サイコークイサーン)とラープ(タイ北部イサーン地方の挽き肉と米を使ったサラダ)そして後ろの一皿は牡蠣を使ったホイトード(タイのお好み焼き)。

この中でサイウアとサイコークイサーンはタイ料理食材店からのお取り寄せですが、他は手作りです。特に今回ソーセージ作りは初めてでネームに挑戦したそうですが、酸味と米の食感がよくチャーン(タイビール)によく合います。またタイに行きたくなりました。

○ネーム
豚挽き肉と茹でて細切りにした豚耳、ニンニク、塩、米、ネームパウダー(調味料)を混ぜて良く練り、唐辛子を丸のまま入れてソーセージ状にサランラップでくるんで1日以上寝かし油で揚げます。香菜、キャベツなんかと一緒に食べます。

○本日のワイン
Chateau Haut Saint Martin 2006 Bordeaux 店やまや 980円

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク