ちりとり鍋を作ってみた。辛み足りず豆板醤を増やそう

ホルモンが昔から好きなので自宅で何度か焼いてみるのですがホットプレートでは脂が下に落ちないので脂っこくて上手くいきません。他に美味しい食べ方を探してたら今回ちりとり鍋を知り、早速試してみました。特性のタレに牛ホルモンを付けて大量の野菜とだし汁少々で煮込む簡単な料理です。写真では隠れてますがキャベツの下にホルモンが埋まってます。

結果は味噌ダレが甘いのと濃いのでいまいちでした。レシピ以上にコチュジャンを入れたのですが辛いもの好きの我々には豆板醤か一味を多く入れた方がよさそうです。

あとホルモンは味噌ダレを付けて1日くらい置いた方が肉が柔らかくなるのでその方がよいかも。
○レシピ
材料: 2人分
・牛ホルモン・・・300g
・キャベツ・・・1/4個
・タマネギ・・・1/2個
・ニンジン・・・1/2本
・モヤシ・・・200g
・ニラ・・・1束
<味噌だれ>
・白みそ・・・30g
・合わせみそ・・・30g
・おろしニンニク・・・2片分
・おろしショウガ・・・1片分
・おろしリンゴ・・・1/4個
・ゴマ油・・・小さじ1
・コチュジャン・・・大さじ2
・一味唐辛子・・・適量
<出汁>
・鶏がらスープの素・・・大さじ1
・水・・・300cc
○作り方
ボウルに白みそ、合わせみそ、おろしニンニク、おろしショウガ、おろしたリンゴ、ゴマ油、 コチュジャン、一味唐辛子、全てを混ぜ合わせる。
②①牛もつを入れ、しっかり混ぜる。
③ホットプレートは予熱にかけておく。ホットプレートの中央に平たく②を置き、牛もつのまわりに厚めにスライスしたタマネギ、 厚切りにしたニンジンを置く。
④さらに、③の牛もつの上にキャベツ、モヤシ、ニラをピラミッド状にのせていく。
⑤最後にスープを入れて、ホットプレートの加熱温度を「高温」に設定する。

○本日のワイン(先週と同じ)
Chateau ROC DE GRANGEOTTE 2000 BORDEAUX 輸 合同酒精 980円 カルフール
※美味しいのでカルフールでまた4本仕入れてきました

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。