マツダスタジアム交流戦は念願の正面砂かぶり席 菊池、誠也が至近距離に!迫力の打球音!

鈴木誠也

今年初めてのズムスタ(マツダZoomZoomスタジアム広島)にやって来た

昨年9月ぶりとなる 試合はソフトバンクとの交流戦の初戦

今回の遠征では今までにないワクワクの楽しみがある…それは…

正面砂かぶり席(1塁側)!!

2月のファンクラブ向けのチケット発売で見事ゲットできたのだ

心配なのは当日の天候、広島は午前中かなり強い雨、しかし午後

には雨も止み天も味方してくれた

金曜のナイトゲーム、16時開門に合わせ少し早めに球場に向かう

スタジアム前

カープロード

駅前のマンホール

カープロードにある看板

ジョンソン(父)、バティスタ(子供)、フランスア(子供)、石原(母)

球場スロープの壁には昨年の優勝シーン足の怪我で誠也をおぶるエルドレット

球場(ズムスタ)内

カープうどん

球場内コンコース1塁よりにあるカープうどん

カープうどん(天ぷら)で腹ごしらえ

麺も少し齧ったらぷちっと切れてします茹で麺、出汁は鰹風味の関西風、普通なんですがなぜか球場で食べると美味しいんですよね

DSC01774

カープうどん 天ぷら

あとカープうどんは人気のため早い時間に売りれになるんですよね 平日のそれも早い時間なのでまだ空いてました

グランドでは雨が上がり試合に備え雨用シートを外しているところ

DSC01772

この日はキャンプ地日南のイベントが開催されてました

DSC01759

地頭鶏の炭火焼

DSC01763

試合前練習

席は後程詳しく説明しますが、カープベンチ(1塁)にも数メートルの距離でランニング、キャッチボールなどほぼ目の前で…興奮

仲良しコンビの誠也と野間

練習中、誠也と野間は、噂通りの仲の良さで常にジャレあってました

野間にパンチする誠也

曽根にパンチする誠也

砂かぶり席は目の前で選手の練習風景を楽しむことができます  (田中)広輔磯村

ベンチもこんなに近いんです 笑い声なども聞こえてきます

菊池 こんな近くで見たことないので感動です

坂倉 千葉県酒々井出身、私もこの日は坂倉ユニフォーム、応援してる選手のひとり

誠也と内川 誠也は内川と自主トレしていて師弟関係 いつの間にか同じ背番号になりました

ソフトバンク 甲斐

試合前 スライリーが砂かぶり席にきてくれました

スターティングメンバーが守備位置につくとサインボールを投げてくれます

これは隣の席の人が取った會澤のサインボール

正面砂かぶり席の楽しみ方

正面砂かぶり席には3塁と1塁側の2種類があり、今回の席は1塁側 3列目

ホーム、3塁側の席方面

ベンチ、一塁、ライト方向

目線

目線はほぼ地面の高さ ゆえに内野までの距離も遠くに感じます

正面砂かぶ席3列目の目線

目線より上にネットがあるので、実際のプレーは立ち上がらない限りネット越しになります

鈴木誠也

音に感動

グランドレベルの音がよく聞こえてきます

内野席から一段下がってるので地下のような空間、そのため歓声などがあまり気になりません

なので打球音、キャッチャーミットに収まる音がダイレクトに聞こえて他の席では味わえない迫力を感じます

打球音がよく聞こえると、芯に当たる音、詰まった時の音など聞き分けることができます

あと、ファールチップなど他の座席だと空振りしたのか当たったのか分からない打球も、音が聞こえるのではっきりと分かります

席からバックネット裏、3塁側を向くとこんな感じ、内野席から一段低いことがわかります

選手にとにかく近い

ベンチもこの近さ 試合が始まると緒方監督はじめ首脳陣の真剣な後ろ姿に緊張感を感じます

正面砂かぶり(1塁側)席からベンチの距離感

カープ(一塁)ベンチ

席の前は丁度ネクストバッターサークルなのでカープ選手が打席に入る前、かなりの至近距離までやってきます 私の3列目の席からでも1.5M程度でしょうか

普段は選手の名前を叫ぶ私ですが、近すぎて迂闊に声を掛けれません

鈴木誠也

西川龍馬

バティスタ

ネット越しに見る選手 野間

菊池

鈴木誠也

凡打でベンチに戻る鈴木誠也

鈴木誠也

鈴木誠也とバティスタ

鈴木誠也

誠也はこの打席で見事スリーランHRを打ってくれました

誠也 ホームランの打席

ホームランを打ち菊池、バティスタに迎えられる誠也

この写真は立ち上がってスマホで撮ったもの、立ち上がると後ろの人に迷惑ですがこの時ばかりは興奮で皆立ち上がってました

ベンチで祝福されるバティスタ、菊池

安倍

長野

試合は先発の床田が5回途中まで4失点と今一つの出来で交代

ネクストバッターサークルで打席を待つ床田

打つことが好きな床田は真剣にバットを見つめる

ピッチャーは先発床田→菊池(保)→遠藤にスイッチ

遠藤は高卒2年目、一軍初めてのマウンドを見事ゼロに抑えました!

リリーフの遠藤

結局試合は3対6で負けてしまいましたが、正面砂かぶり席という素晴らしい席で見ることができて、興奮、大満足の一日でした

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ