【食べ歩き】境港で新鮮、ボリューム満点の特上海鮮丼!「山陰・日本海 漁師小屋」

この数日、母の49日の法要で実家の鳥取に帰省していました

今回紹介するお店は海鮮丼が人気の日本海 漁師小屋 海鮮丼の種類は20種もあるそう

米子から境港に行く途中、国道431号線 大篠津町の交差点、井上靖記念館(アジア博物館)入口から300m程度、米子鬼太郎空港からも10分程度と近い

私自身この辺りは地元ではあるものの、田舎を離れて20年以上経つので事前に海鮮丼の
人気店を調べました。当然ですが多くは漁港のある境港市内にあります

決め手は口コミと境港から少し離れた場所にあるにもかかわらず人気店であるという
こと。地元客にも愛されている店は美味しいに決まっている

日本海 漁師小屋

日曜お昼過ぎに訪問

行列はできてませんが満席のようでした。ただ、丁度入れ替えのタイミングだったので、3分程度の待つだけで入店できました

DSC01517

お昼は海鮮丼を中心としたお食事処、夜は居酒屋です

DSC01520

店内

窓際にテーブル席 反対側には結構広めのお座敷

私は独りでしたがお座敷に案内されました

メニュー

DSC01532

特特上海鮮丼

海鮮丼が有名なだけあって種類が多い(20種類以上)

こちら4品は極上素材!と書かれたお高めの海鮮丼

「特特上海鮮丼」2,880円「ウニイクラ丼」「ウニ丼」「イクラ丼」

ちなみにウニは北海道産と書かれています

DSC01522

漁師小屋オリジナル海鮮丼

「特上海鮮丼」1,880円 「煮替わり海鮮丼」980円 「海鮮ユッケ丼」980円など

DSC01523

定食メニュー

海鮮丼だけではなく定食メニューも充実しています

実は事前の調べでアジフライも美味しいとあったので、もしあったら海鮮丼をやめて
そちらにしようと思ったのですが、この日は無いので諦めました

刺身醤油

テーブルにはさしみ醤油(安来、大正醤油店)が置いてあります

私も子供のころから刺身にはさしみ醤油を使ってたので、どろっと濃く少し甘味のある

刺身醤油はなつかしい味です

特に日本海で水揚げされる脂ののった鰤などには生臭さが抜けてよく合います

DSC01537

特上海鮮丼

迷ったあげくこちらの「特上海鮮丼」に決めました

鰤またははまちと、鮪の中トロイカ、鯛のお刺身はひとつひとつの大きさがとても大きく
さらに結構な厚みです。奥に隠れている海老も取り出すと結構な大きさでびっくり

イカは山陰名物白いかなのかは不明ですが、ねっとりと甘味がありしっかりとした歯ごたえ
とともに美味しい

実際は写真以上にボリューム感があります。それにイクラとカニの身がのっています

カニだけは冷凍物なのかぱさついていますが、それ以外はみな脂がのった美味しいお刺身です

山葵をさしみ醤油に溶いてかけていただきました

ご飯は酢飯ではなく普通のご飯です。青海苔、炒り卵が混ぜられていてご飯にも凝っています

ただ個人的には美味しいお刺身にはシンプルな白米を合わせたいところ

少し残念です

今度は他の海鮮丼、いやアジフライもたべてみたい

DSC01551

アクセス

〒683-0101
鳥取県米子市大篠津町4711

JR大篠津駅から東へ徒歩20分
車の場合:国道431号線の井上靖記念館(アジア博物館)の角を西に向い約300m先の道路沿い左側
電車の場合JR境線 大篠津町駅から777m

DSC01552

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ