セントラルの「NARAYA」からアマリンプラザのフードコートで「クア・ガイ」と「ガパオ・ガイ」

バンコク2日目のお昼前、チットロム駅の巨大ショッピングモール「セントラル」に向かう。

BTSを降りてセントラルまでは地上に降りなくても行けます。

DSC04190

途中、有名な祠の前を通過します。このあたりで数年前テロが発生しました。

以来、あまり近寄らなかったので数年ぶり。

DSC04192

タイの人は敬虔な仏教徒なのでその後も絶え間無く人が訪れています。

改めてタイ人の仏教への信心深さを感じます。

DSC04193

セントラルにはもうかれこれ5年ぶり。7月のバンコクは雨季なので、この日もどんよりとした曇り空で、時々太陽が顔を出すという天気。

DSC04220

セントラルも来ないうちにまたきれいになっている。

DSC04196 DSC04197

目的は「NARAYA」独特の布素材で作るバック、小物入れは美しく安くて女性に人気でお土産にも最適です。

パタヤにもありますが、やはりここのお店は品数も多いですね。

DSC04204 DSC04205

日本人も多く、この日も関西方面と思われるご婦人達(笑)が楽しそうに買い物されてました。

さて、私の目的は、ここではなく近く、アマリンプラザのフードコート。

DSC04188

バンコク2日目のランチはと考えた末、ここに決めました。

BTS通路直結の入り口にもフードコートの広告が、力を入れているのが分かる。

DSC04225

実はここのフードコート過去何度も訪れているバンコクにあって初めてなんです。

今回は地元の方のブログを見て行くことに決めました。

場所はアマリンプラザの4階

DSC04278 DSC04235

ここのフードコートの特徴は広くて店舗数も多い、中でも一番感じだのはタイ料理店が多いこと。

DSC04239

和食のお店もありますが、ほぼタイ料理店。

これだけタイ料理店があると、当然メニューがバッティングするものも、パッタイも何店舗かでみかけました。

DSC04231

なにやら行列ができている店を発見!

DSC04233

「クア・ガイ」と言って、米の幅広麺を油で揚げその上に鶏肉、玉子などトッピングする、一見、お好み焼きのような見た目の料理です。

行列なのは人も多いのですが、一人で作っているので進まないのもあります。

麺は幅広の米麺クイッティオ、こんな感じでとても幅が広くて柔らかそうです。

DSC04232 DSC04253

超強火で麺を油の中で揚げ炒めしています。これで独特の香ばしさとしっとりとした食感が生まれるようです。

作り方をかぶりつきで見てました。

驚いたのは、バーナーの空気口にあるファン。

PCで使うファンが無造作に置いてあり、その風をスイッチで調節することで火力を調節しています。

DSC04255

出来上がりはこんな感じ。

DSC04270

ミックスを注文すると、ハムも入っています。食べるとなるほど、麺自体にあまり味付けがされてないので、適度な塩味がよく合います。

若い人はこれにたっぷりとチリソースをかけて食べるそうです。

DSC04271

感想としては、お好み焼きの味のない版という感じです。

パリッと、しっとりと独特の食感。

本来は鉄板で作っていた料理、最近はこれを中華鍋で作るそうです。

次に、ブログで知ったガパオの美味しいと評判のお店を探します。

フードコートのや奥の方に見つけました!

「Yok Yor Order Cooking」

チキンとポークは50バーツ、シーフードというのもあり70バーツ 他にはチャーハン、トムヤムポーク・チキンというのもあるようです。

DSC04269 DSC04268

このおばさんが中華鍋を豪快に振り廻して作ってくれます。

DSC04266

カイダオ(目玉焼き)は10バーツ ガパオ・ガイ(チキン)とカイダオで計60バーツ

DSC04272

辛さが刺激的です。ガパオは日本でもそうですが観光客にも人気なので、いつしか観光客用の味に慣らされていました。しかしここのは違います。

タイのプリッキーヌ(小形の青唐辛子)と赤唐辛子の両方が入っています。これを目玉焼きが優しくまろやかに包んでくれます。う〜ん旨い!

DSC04274

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。