紹興酒の香りをまとった蒸し鶏その名は白切鶏(パイセイチー)

久しぶりに作る、鶏の蒸し料理「白切鶏」(ぱいせいちゅう)。塩を鶏もも肉に振りかけ、紹興酒に少々漬け、(本当は1時間程度ですが、短時間でも香りが付きます)蒸し器に入れ、生姜の輪切りを数枚、長ネギの青い部分をのせて蒸すだけ。

これまた簡単なタレを作れば本格中華になります。
ネギと生姜で匂いが消え、紹興酒のよい香りが品よく、蒸した鶏の食感、少し濃いめのタレがよくあって感動の味です。蒸すので脂も少なく一人もも肉1枚では足りないかも。

〈タレ〉
醤油(今回は中国醤油):大さじ2
生姜、ネギのみじん切り:少々
ごま油:小匙1
砂糖:少々

〇本日のワイン
LAS CASAS DEL TOQUR  CABERNET SAUVIGNON RESERVADO 2008 チリ
¥1,280 △

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク