スポンサーリンク

豚肩ロース肉のトマト煮「ピッツァオーラ(ピザ職人風)」~CARNE ALLA PIZZAIOLA~

日本では豚肉のトマト煮という感じですが、本場イタリアでは、CARNE ALLA PIZZAIOLA 肉のピッツァオーラ風と言います。ちなみにピッツァオーラとはピザ職人という意味

肉をトマト、白ワインを使って煮込みオレガノ、バジルなどハーブを使うのが特徴ですが、

意外と簡単で、とても美味しい料理です

CARNE ALLA PIZZAIOLA
カルニピッツァイオラまたはカルネアラピッツァイオラは、単にピッツァイオラと呼ばれることもある、ナポリの伝統に由来する料理で、トマト、オリーブオイル、ニンニク、白ワインを使って肉を柔らかくするのに十分な長さで調理されている。ほとんどのバージョンには、トマトペースト、オレガノ、バジルも含まれています。 wikipedia

 

材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉:2枚
  • セロリ:1本(薄切り)
  • ニンジン:半分(薄切り)
  • 玉ねぎ:半分(薄切り)
  • トマト缶:1
  • にんにく:1かけ(スライス)
  • 白ワイン:大さじ1
  • ローズマリー:2枝
  • 固形スープ:1個
  • 塩、コショウ:適量
  • A
    • バター:15g(大さじ1)
    • オリーブ油:大さじ1

作り方

  1. 豚肩ロース肉は脂身のことろと筋を切り、肉たたきまたは瓶などで肉をたたく。両面に塩コショウをふっておく
  2. フライパンにオリーブ油を入れ中火で加減を調整しながら焦がさないよう香りをだし、ローズマリー1枝を入れ少し香りがでたら肉を入れ、両面を焼き、一旦別なボウルなどに取り出しておく
    ※肉は後で煮込むので完全に火が通ってなくてもよい
  3. フライパンをきれいにしてから、Aのバター、オリーブ油を入れ中火にしえ玉ねぎを透明になるまで炒める。次にセロリ、ニンジンも火が通るまで炒める。
  4. 2の肉をフライパンに入れ中火にして白ワインを入れて、アルコールを飛ばしたらトマト缶のトマトを潰しながらいれて、固形スープも入れ弱火で10分ほど煮込い塩コショウで味を調整し、お皿に盛り付けてにローズマリーを添えて完成。

柔らいお肉にコクあるトマトにハーブの香り

お肉はスーとナイフが入ります。優しいトマトの甘みにコクのあるソースに、ローズマリー、オレガノの香りが加わり、ワインが飲みたくなる味です

ご飯のおかずにする場合は、ハーブを入れないほうが合うと思います

フーディストアワード2021☆レシピ&フォトコンテスト
フーディストアワード2021☆レシピ&フォトコンテスト

レシピブログ フーディストアワード2021レシピ&フォトコンテストに参加しています

今回は、こちらの企画でいただいた、赤ワイン「タヴェルネッロ オルガニコ」の赤

「オルガニコ サンジョヴェーゼ」合わせました

イタリアのサンジョヴェーゼ種を使ったオーガニックワイン。サンジョヴェーゼは

普段から好きで好きな品種

トマト料理によく合わせてますが、この料理にもとてもよく合いました。ほんと美味しいです

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました