里山の古民家で時間忘れるカフェランチ「 郷里(ふるさと)」

晩秋の房総、ドライブ途中立ち寄った古民家カフェ「郷里(ふるさと)」

お目当ての「郷里ランチプレート」は限定らしいので早めの11時過ぎに到着

築130年の古民家を改装しているという

店内

引き戸を開けるとカウンターに店主に案内されて土間で靴を脱いで、そして上がると

なんとも落ち着いたいい雰囲気の空間

明るすぎず丁度よい照明、穏やかな陽光と影が気持ちを落ち着かせてくれます

窓側には大人数用のテーブル、奥の方には2人席、4人席があります

メニュー

郷里ランチプレート(ブリの梅照焼き)

メインのブリから付け合わせ、漬物まで主張しすぎない、塩梅のよい味付けです

鶏もも肉のチーズ焼き マスタードソース

鶏肉に火入れがよく中はしっとりとしてます ソースのバジルもよく合います

自家製パン

飲み物メニュー

ブレンド珈琲、紅茶、ハーブティ、ビールもあります

珈琲

久留里の名水を使った珈琲 すっきりとした味

入口ではパンも販売されています

お店周辺

道路からの入口、小さいので見落としそうです

道の反対側はのどかな里山の風景

案内を左折し、突き当りに見える蔵のある場所がここ

中庭が駐車場です 写真左の屋根がカフェ、右側の蔵はギャラリーとして使われています

落ち着いた雰囲気の中でいただく美味しい食事と珈琲、何か得した気持ちになりました

店舗情報

関連ランキング:カフェ | 久留里駅平山駅

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク