デミオ(MAZDA DEMIO)で初めての長距離ドライブ 鬼平江戸処(東北自動車道 上り羽生PA)

久しぶりに平日のお休みがとれたので、demioの試運転を兼ねて東北道、羽生PAにある鬼平江戸処へ行ってきました。

ここは池波正太郎の小説 鬼平犯科帳をテーマにしたパーキングエリア。うちの奥様が鬼平のファンなのでdemioでの初めてのドライブ先はここに決まりました。

場所は、東北自動車道の上りの羽生PAです。千葉方面から行く私は一旦その先の館林ICで高速を降りて、Uターンし再入場し同じ道を羽生PAまで戻ることにしました。
周辺に他の興味ある観光地もなかったのでこのPAのみが目的のドライブです。

家をam11ぐらいに出発、pm1時半くらいにつきました。平日金曜でしたので、途中事故渋滞はありましたが、まあ予定通りの時間でした。駐車場も結構空いていてました。

demioくんの走りは今までの車(初代CR-V)と比較しても意味ないのでしょうが、一般道から高速へ合流、PAから高速へ合流など加速がスムースで追い抜きもとても楽でした。ただマツコネのナビはあらかじめPCのgoogle検索した際のルートが出ないので困りました。まだ使いこなせてないのかもしれませんが、あまり通りたくない首都高速を通り、東北道へ向かうルートで行きました。ただ帰りは別なルート(東関道通る)が出てきたので行よりかなり時間短縮できました。

駐車場の向かいがこのような江戸の商家をイメージとしたお店が並んでます。

外観は2軒のお店のように見えますが中はフードコードとお土産売り場になっています。

フードコート(食事処)も鬼平由来のお店が並んでます。

有名どころの「五鉄」ここの軍鶏鍋は鬼平ファンなら外せませんね。

他には本所、蕎麦のさなだ屋

うなぎのうなぎの忠八

中華そば 弁多津

席 この日は平日の午後2時前、空席が多い

少しだけ座敷の席があります。その横には五鉄の階段が再現されています。

こちらが五鉄の軍鶏鍋

割り下は少し濃いめの醤油味で軍鶏からの旨味が溶け込んでいてとても美味しい

軍鶏肉はは皮目が美味しく身がしまっていている、それに牛蒡がいい味出しています

もう一品、うな重 うなぎは身がふわふわで濃すぎないタレが美味しいです。ただご飯がパラパラ気味なのがきになる。米粒自体が小さく水分が少ない感じです。

土産物売り場

屋外のお店

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました