車麩とコーンビーフを使ったフーチャンプルー 

沖縄のくるま麩の残りを使い「フーチャンプルー」を作った。これで3回目であるが肉をスパム→豚バラ肉と変えてきたが今回は、コーンビーフを使ってみた。

フーチャンプルー レシピ

【材料】

  • 沖縄車麩 150g
  • 玉子 4個
  • じゃがいも1個(茹でて、5mmにみじん切り)
  • キャベツ 適量
  • もやし 一袋
  • ニラ 適量
  • にんじん 1本
  • 玉ねぎ 1個(小)
  • にんにく 1かけ(みじん切り)
  • コーンビーフ 1缶
  • 塩コショウ 適量
  • ごま油 小さじ1

【作り方】

1.車麩は水に浸し、和風だしを混ぜ戻す、適当な大きさにちぎる
2.取り出し、絞る(絞りすぎない)、玉子4個を溶いてボウルに入れる
3.フライパンサラダオイル大さじ1(分量外)をひき、中火にしてボウルの玉子と麩を入れて軽くかき混ぜ(大きく混ぜる)ボウルに半熟程度になったら一旦ボウルに取り出す
4.フライパンを軽く拭き取りサラダオイルを大さじ1を入れ、中火でニンニクを入れ香りが出たら野菜を順に炒め(玉ねぎ→にんじん→キャベツ→もやし→じゃがいも)、コーンビーフを入れ軽く炒め、塩コショウで味付けする
5.ボウルに入れた玉子と麩をフライパンに入れ戻し、中火で軽く炒め、最後にニラを入れ、ごま油を振りかけ軽く炒め火を止める

感想

大量の野菜を使ったため、コーンビーフの味があまりしない。コンビーフとじゃがいもは沖縄では、「コーンビーフハッシュ」を使うがこちらでは手に入らないため今回は別々に作ったが、じゃがいもは食感、しっとり感が出て効いている。今回少し全体的に炒め時間が長かったため、野菜のしゃきしゃき感が不足、あとお麩も火を通しすぎでフワフワ感に欠けた

しかし味自体は美味しく仕上がった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク