江戸時代から続く老舗ジビエ料理店 丹波産猪鍋は流石の美味しさ!鹿と熊肉も! ジビエ料理を満喫 両国「 山くじら すき焼き ももんじや」


両国にある、創業享保3年(1718年)10代続く”しし鍋”の老舗

この超老舗のジビエ料理店に友人と4人で行ってきた

メインの猪鍋は赤と白味噌の合わせ味噌と割下を混ぜたすき焼き風

老舗らしく落ち着いた座敷にテーブルが置かれ、中居さんから食べ方を教わる

なんでも猪肉は15分煮込んでだ位が柔くて美味しいらしい

鮮度を表してか肉はきれいな赤身と脂身の白、まさに牡丹の形容がぴったり スープは赤、白合わせ味噌と割下を混ぜたもの濃くて甘め、

丹波産の猪肉、臭みは全く感じない

適度な歯ごたえと旨味十分で割下に負けてない力強さ。

猪肉は過去に何度か食べたことがあるか、やはり猪肉は脂身が格別に美味い!

そして鍋の締めはうどん

濃いめのタレと猪肉の旨味が太麺のうどんに絡まる! 美味しくないわけがない!来て良かった〜!!

マグロの赤身に見えますたこれは鹿刺

癖なく柔らかく食感もマグロの赤身にかなり近い。最後に馬肉のような旨味がきます。鹿肉竜田揚げ

熊汁

を食べるのは初めて うへ〜

こちらはなりの野生の香りアンドかなり癖が強い〜!

しかしかなり体が元気になりそうな感が(笑)

デザート

自然に感謝、命に感謝!
店ね看板には金の猪、ちなみに山くじらとは猪のこと、ももんじとは百獣(ももんじゅう)が由来で江戸時代、獣料理店では屋号の前に必ずこの言葉を付けたらしい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク