バンコク サービス・アパートメント Cape House(SA) 2014/9 2014 タイ旅行

ここ数年バンコクの定宿としているサービスアパートメント(S.A)、キッチンで料理を作るわけではないが、大きい冷蔵庫と洗濯機があるのがよい。バンコクでは食べ歩きの拠点として、外出しては戻りを繰り返す我々にとっては、中心地チットロムにあり、BTSの駅も徒歩5分と近く、非常に使い勝手がよい。あとSAなのもあるが、ビジネス客が多く、団体客が少いのもよい。今回は9/10-13まで宿泊。実際は飛行機が12日の深夜のため余分に1泊余分にとっている。

エントランス

テレビは小さ目です、DVDプレイヤーステレオがあります

洗濯機があるので便利

リビング

ベッドルーム

バスルーム

部屋は1ベッドDXルームだが、来るたびにレイアウトが違うのも面白い。今回、バスルームの湯船とシャワーが離れていて少し使いにくかった。

朝食 日本人ビジネスマンが古くから使っているのもあり、味噌汁、海苔、大根おろしと雑魚、卵焼き、納豆、漬物など和食は充実している。その他洋食はパンの種類が結構あり、ペーストリーもある。サラダバー、果物、ジュースは普通、卵料理は専用の調理人がいるのでなんでも対応してくれる。タイ料理もチャーハン、麺、野菜系など日替わり、中華も点心も多少ありまずまずの品揃え。全体的にはホテルより数は少ないが静かな客が多く、雰囲気もよく満足している。

BreakFast

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク