野菜

イタリアン/フレンチ

豚肩ロース肉のトマト煮「ピッツァオーラ(ピザ職人風)」~CARNE ALLA PIZZAIOLA~

日本では豚肉のトマト煮という感じですが、本場イタリアでは、CARNE ALLA PIZZAIOLA 肉のピッツァオーラ風と言います。ちなみにピッツァオーラとはピザ職人という意味。豚肉が柔らかくてトマトと野菜の旨みがのあるコクのあるトマトソースはハーブの香りと共に軽めの赤ワインによく合います。
その他料理

【時短料理】「だしとスパイスの魔法シリーズ」にんじん、ピーマンのピリ辛ビーフストロガノフ

にんべん「だしスパイスの魔法」シリーズを使った時短レシピ、今回は「ビーフストロガノフ」です。普通は牛肉と玉ねぎ、マッシュルームを使うみたいですが、冷蔵庫に玉ねぎのほか、にんじんとピーマンがあったので使いました。ただマッシュルームはなかったので省略。あと辛いのが好きなので赤唐辛子をプラスして少しアレンジしました。うん、ご飯の進む間違いない美味しさでした。
タイ料理

インゲンとピーマンのガパオ風ライス

野菜(インゲン、ピーマン、玉ねぎ)をたくさん使ったガパオ風のライスです。豚肉細切れと冷蔵庫にある野菜を使って作る休日のランチ。豚肉と野菜を切ってタイの調味料シーズニングソースで炒めるだけ。なければオイスターソースで代用できます。
中華

つるっとしっとり!鶏むね肉「鶏むね肉のピーマン炒め」

福島県産のピーマンと鶏むね肉の中華炒めです。ポイントは鶏むね肉の前処理、卵白と片栗粉を使って肉をコーティングすることでベルベットのような?つるっと、しっとり、もちっと柔らかい驚きの食感です。シャキッとしたピーマンと食感の違いが絶妙で、味自体は薄味ですが、どんんどん食べたくなって止まりません。
イタリアン/フレンチ

しゃきっとした食感にバターとチーズのコク「ソーセージと福島県産インゲンのバター炒め」

今回はインゲンのバターソテーを紹介します。インゲンは年間を通じて流通されますが、初夏と秋に旬を迎えます。インゲンと言えば私はバター炒めです。クタっとじっくり炒めたインゲンにバターのコク、仕上げにパルミジャーノチーズを振りかけると、ワインに合う最高のおつまみになります。ビールにも合いますよ。
その他料理

福島県産つるむらさきと豚肉のピリ辛ナンプラー炒め

今回は福島県産の「つるむらさき」を使った豚肉との炒め物を紹介します。つるむらさきは栄養価も高く今が旬の夏野菜。生産量は福島県がダントツの一位で、その4割を占めるそうです。今回はそのつるむらさきを豆板醤とナンプラーでエスニックな炒め物を作りました。
イタリアン/フレンチ

メカジキのソテー福島県産チェリートマトのビネグレットソース添え

今回JA全農福島さんから新鮮な「福島県産チェリートマト」をいただき、「チェリートマトのビネグレットソース」を作りました。このソースをメカジキのソテーと合わせたところ、とても相性がよく美味しくできました。火を入れチェリートマトは甘さがさらに増しビネガーの酸味がふわっと香りとても深い味わいです。
中華

福島県産きゅうりで「鶏むね肉ときゅうりの豆板醤炒め五香粉(ウーシャンフェン)風味」

福島県産のきゅうりを使った「鶏むね肉ときゅうりの豆板醤炒め五香粉(ウーシャンフェン)風味」です。 みずみずしいきゅうりのカリッとした食感に鶏むね肉の弾力のある食感、豆板醤の辛さとウーシャンフェンの爽やかな香りの炒め物です
イタリアン/フレンチ

香ばしさとしっとり感!福島県産アスパラガスのクリスピーパン粉焼き

旬のアスパラガス、疲労回復やスタミナ増強に効果のあるアミノ酸の一種、アスパラギン酸も多く含まれているそうです。そのアスパラにパン粉とにんにくをまとわせてオーブン(エアオーブン)で焼いた「アスパラのクリスピーパン粉焼き」です
和食

しゃきしゃきでやわらか!さやえんどうの豚バラ卵炒め

さやえんどうをたっぷりと使った「さやえんどうの豚バラ卵炒め」です。白だしを使ってちゃちゃっと作って美味しくできちゃいますやわらかいのにしゃきっとしていて、なかなか他の野菜では味わえない食感で改めて驚きです。とても美味しくてビールにもぴったりです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました