にし与丼(海鮮丼)とふわふわアジフライ 沼津港 にし与

週末に愛車(demio)で遠出して伊豆スカイランを経由して沼津港に行ってきました。沼津港の市場食堂街へは実は今回含め3度目です。1回目は双葉寿司さん、2回目は伊豆での人間ドックの帰りマグロのテール煮を買いに、今回は海鮮丼が目的です。

数ある有名店から、選んだのが「にし与」さん。ここは元から地元の人にも愛されているとんかつ、フライが有名店なお店だそうです。しかしフライだけでなく、美味しそうな海鮮丼もあるので、今回、アジフライ、海鮮丼どちらも食べたいので、ここに決めました。

魚のフライと言えばまずはアジフライですよね。アジフライは以前、京橋の松輪さんで食べたアジフライが忘れられません。食べログなどのコメントを見てるとアジフライも評判がいいので期待できます。それと、にし与丼と称する豪華海鮮丼。見た目の具材から(1,950円)コスパも良さそうなので、期待して行きました。

通りの入り口にある「にし与」さんの看板

店の入口にある、とんかつ、さしみ にし与の看板


お店外観

入店すると、この字のカウンターとテーブル席。我々は2名なのでカウンター席に。

メニュー

決めていたにしよ丼と、地アジフライの単品を注文しました。アジフライは本当なら、魚河岸定食がリーズナブル(アジフライと刺身のセット)なのですが、うちの奥様はお腹があまり空いてないということもあって、アジフライの単品にしました。ただ、一点気になったのは、丼ぶりは誰が食べるの?という質問。男だとご飯の量が多いのでしょうか?女性でも食べる人はいると思いますが。理由を聞けませんでしがが、未だ疑問です。

アジフライ。松輪で食べて驚いた時と同じ、魚臭さが全くなく、ふわふわのサクサクです。

こちらが、にし与丼。しじみのみそ汁と、わらび?の佃煮と、沢庵が付いてます。

具材は、ウニ、イクラ、マグロ、玉子、ホタテの貝柱、生しらす、鰆、サーモン、海老、その他白味魚が器いっぱいに盛られている豪華版です。これで1,950円なので、良心的な価格だと思います。魚の鮮度もまあまあで特に生しらすはとても以前、別な店で食べた時に苦みが強く苦手でしたが、今回はとても美味しかったです。

お味噌汁が、しじみだったのは疑問符ですが、これはこれで美味しかったです。鯵フライ、海鮮丼どちらもレベルが高く、人気店なのも納得です。

沼津港 にし与 静岡県沼津市千本港町109

静岡県沼津市千本港町109

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。