京成津田沼 割烹居酒屋「深雪(みゆき)」通しから〆のラーメンまで旨し!

友人4人で京成津田沼駅徒歩2~3分にある割烹居酒屋「深雪(みゆき)」に行ってきました。

普段、京成津田沼は電車の乗り換えで来る以外用がなく素通りしている。しかし今回、よさそうなお店があると友人からの情報で、初めて近くの居酒屋に来てみました。

このお店、駅前の道路を挟んだビルの2階にあります。店内はカウンターとテーブル席、奥にはお座敷もあるようです。

7時に予約していましたがお店に入るとテーブル席とカウンタに何名か先客が、我々は4人掛けのテーブル席へ案内されました。

席に着くと、女将さんらしき女性が何やらラップされた小皿4つをお盆にのせてこちらへ。どうやらお通しを4種類から選ぶシステムのようです。

鯛ときんぴら(お通し)

鯛の兜揚げ(お通し)

・・・魚とネギの和え物だったかな?(お通し)

タコわさ(お通し)

運よくこの日は生ビールフェア開催中ということで、生ビールを1杯注文するとくじを引けました。

こちらはラッキー!にも三等があたり、メニュー1品なんでも一つOKということで、刺身の盛り合わせを注文。

刺身盛り

お刺身はかんぱち、マグロ中落ち、漬け、真鯛、タコなど

割烹居酒屋というだけあって和食を中心に手の凝った品が多く、お刺身も「漬け」、「ポン酢和え」など、工夫されています。

パリパリサラダ

揚げた麺は香ばしくて新鮮な野菜と合います。

天婦羅盛り合わせ

揚げたての天ぷらは衣は高温で揚げられているのかサクッとパリッとした食感です。

煮玉子付き牛すじ大根

牛すじと鰹出汁がぎゅっと大根と玉子に滲みて、とても美味しいです。

牛すじは脂身は除かれているのか、濃すぎずしつこくないのがよい。看板メニューというのもうなずけます。

つくねの唐揚げ

初めて食べるつくねの唐揚げ。食感は肉団子、しかし鶏肉なので意外とさっぱりとして軽い感じに仕上がっていて幾らでもいけそうな感じです。

他に、玉子焼き、シュウマイを注文と結構食べたのですが、なんとなくメニューのラーメンが気になり、4人でシェアして頂きました。

塩ラーメン

鰹以外は分かりませんが和風の出汁を使って、適度な濃さもあるスープは絶品でした。例えるなら、魚と魚粉を使ったつけ麺のスープのイメージです。

調子に乗って、2種類あるラーメンのひとつ「醤油ラーメン」

こちらは美味しい醤油の香りと、想像ですが鶏だしを使ったさっぱりとしたラーメンで〆の一杯に相応しい。

結局、7時から2時間以上居たようで、生ビール、ハイボールを各自3~4杯程度飲んだのかな、会計は一人5,000円弱でした。

料理が美味しかったのでそれ程高い感じはありません。

この日は日中暑かったので頂きませんでしたが、日本酒にも力をいれているようなので、次回は挑戦したいと思います。

ただ、このお店、ご主人一人で料理を担当されています。なのでお客さんが多いと料理が出るのが遅くなる場合がありますので、それを考慮しながら注文する必要があります。

関連ランキング:割烹・小料理 | 京成津田沼駅新津田沼

食べログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。