肉系屋台が充実!焼きそば,から揚げだけじゃない!松阪牛、飛騨牛もZOZOマリンスタジアム

千葉ロッテとの交流戦(カープ)、第1戦(6/1),2戦(6/2),3戦(6/3)と3連チャンで観戦してきました。今回は野球観戦には欠かせない球場飯を紹介します。

ちなみに千葉ロッテのHPにも球場グルメの紹介がありますので、こちらもどうぞ

外周グルメ(広場に広がる屋台)

スタジアム前の広場には試合開催日になると沢山のテーブル席が用意されます。屋台で買ったものをここで食べることができます。

広場には子供向けの遊具も幾つかあって子供を遊ばせることもできます。ちなみに奥の建物は幕張メッセです。

こちらがマリンスタジアム名物の外周にある屋台街。食べなれた銀だこ、大分から揚げ(ぶんごや)を始め豚バラ串、牛タン串、から揚げ、ステーキ丼などがっつり系から、定番の焼きそば、枝豆までおつまみ系までそろいます。

「HERO703」

ウィンナー、焼きそば、ポテト、枝豆など定番のおつまみがそろいます。

ここでは「WinerソーセージTen個盛り」600円を買ってみました。2種類のソーセージが10本、マスタードとケチャップを付けて食べるとビールが進みます。お勧めの一品です。

「空海」

ここは牛筋が売りのようで、牛筋煮込みと焼きうどんなど。もつ焼きうどん、いいですね。

「タパス・アト・デリ」

炭火串焼きのお店。いちはら国府プレミアム商品最高得点だそうです。どう凄いのか分かりませんが..私も「豚塩麹焼き」が気になったのでいただきました。

麹に漬け込んであってか確かに旨みが強く美味しい。ただもう少し焼きが強めの方が好み。

「北海道グリルハウス」

球場グルメでは珍しくラム肉を扱うお店。ラム好きなので次回は挑戦したいお店。

・ジンギスカン(ミニ1,000円、普通1,200円、大盛り1,800円)
・帯広ポークグリル(普通800円、大盛り1,200円)

他にはソーセージ、ラム肉、ポーク全てのせた「全部のせ」2,500円というのもあり大人数で来られた方にはお勧めです。

「花いちりん」

ここは長~いくねくねしたポテト「オーロラポテト」が有名ですが、焼きそばの種類が色々あるのが面白い。焼きそば派の私としては買わない訳にいきません(笑)

XO醤が決め手という一文字に惹かれ「上海やきそば」500円をいただきました。麺は普通、本当にXO醤が入っているのかは?ですがオイスターソースのようなまろやかさがあります。ただ、もう少し具材と紅ショウガ入れ欲しいけど。500円ですからこんなもんでしょう。

試合開始30分前あたりになると人気店には行列ができます。

「松阪牛専門店」

球場寄りに目を移すと、大きく松阪牛と書かれた登りが目を引きます。

「飛騨牛専門店」

隣には飛騨牛と書かれた幟、ここは2軒並びで高級牛肉の屋台です。

普段、球場では「焼きそば派」でご飯類はあまり食べないのですが、ジャンボステーキ丼1,000円は少し気になります。

屋台はこれだけではありません。スタジアムの外野、レフト方面にも幾つか屋台があります。

「広島お好み焼き」

カープ戦限定かもしれませんが広島お好み焼き」ただ「広島焼き」という看板があって、広島県人には受け入れられないかも。(広島焼きという言葉に地元民は違和感を持ってるので)

「北海道グルメ」

ここも北海道グルメ、ザンギ、帯広の豚丼がいただけるお店。

「スマイルケバブ」

埼玉県八潮市を中心として展開するケバブの屋台お店

最近は他の球場でもケバブ店をよく見るようになりました。ケバブは片手で持てるので野球を観戦しながら食べれるのでどの店も人気があるようです。

「富士宮やきそば」

こちらも球場グルメの定番、ホームラン王的存在のやきそば。それも富士宮焼きそばです。

やきそば派の私にとっては見逃せないお店。

勿論買いました!これが富士宮焼きそば(目玉焼き付き)700円。値段は結構いい値ですが味の方はどうなんでしょうか?

暖簾に偽りなし、正真正銘の富士宮焼きそばです。自分でも作ったことがあるのですが、コシのある平麺、魚粉など食感と香りもなかなです。

実は3日間別な焼きそばを食べましたが個人的には一番のお勧めです。

こちは「熟成肉専門店」最近の熟成肉ブームはとうとう屋台にまで広がってるようです。

「閻魔からあげ」

タイ発祥で全米で人気のソース「スリラチャ ソース」を贅沢に使ったから揚げ。ビールに合いそうですね。すりランチャソース知らなかったので今度是非いただきた。

「やきとり竜鳳」

焼き鳥屋と焼き鳥の移動販売を全国に展開するチェーン店

「台湾料理 濱龍」

球場の駐車場よりにぽつんとある、こちらは台湾料理の屋台「台湾料理 濱龍」

ルーローハン、エビチリ、カレー、高菜、キムチ、エビなど色々なチャーハンがいただけます。値段は800円~1,000円 ルーローハンは好きですが球場で食べたいかと言われると..

 

球場内グルメ

今回球場内ではあまり食べなかったので少しだけですが紹介します。

フードコート

内野、バックネット裏にあるフードコート

焼きそば派(しつこい..)の私はここでも、「地元食材を使った焼きそば」600円を頂きました。何が地元食材なのかというと、、、青菜が見えますが船橋特産の小松菜を使ってるところです。ごま油で炒めてあるので少し香ばしさがあります。ただその他は特徴は特になく、いまひとつ。

千葉マリンはもつ煮が有名で、3大もつ煮と言われよく3店舗ありますが、私は外野にあるもつ煮をいただきます。更に地元特産のホンビノス貝を使った酒蒸しなんかもあるようです。

「ビッグイニング」(内野バックネット裏)

ステーキ丼やステーキコンボがお勧めらしい。

「千客万来」(内野バックネット裏)

「フライドマリン」(内野3塁側)

名前の通りから揚げ、フライドポテトなど

「ロッテリア」(内野3塁側)

ロッテですから…

「マ~くんかすてぃら」 (内野3塁側)

お土産にいいですね。私も1つ買いました。

生ビール

野球を観戦しながらの生ビール。やはりこれに勝るものはありません、マリンでは1杯700円で、少し高いと思いますが、プロの技を間近に見ながらビールを飲む!これは最高の贅沢です。割り切って飲んでます(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

野球観戦は神宮が多い私ですが、交流戦ということもあり千葉マリンの球場飯、外周グルメを中心に紹介しました。これからも他の球場でも美味しい球場グルメを紹介したいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。