博多うどんのウエスト、博多と関東の店舗で「ごぼう天うどん」を食べ比べ!

今やうどんは腰があってこそうどんと言う人が多いのではないのでしょうか。それほど讃岐うどんが全国を席巻していますが、一方、腰のないクタクタのうどんそれが博多うどんです。

全国展開してる博多うどんのチェーン店(と行っても蕎麦もありますが)「ウエスト」地元博多では定番のごぼう天うどんですが、以前食べた博多(2017/11月)と、今回行った関東のお店、千葉、鎌ヶ谷店で食べ比べた感想をお話ししたいと思います。

追記:博多牧のうどんに行ってきました(2018/10)
http://koi-chef.com/2018/10/14/post-12539/

まずは博多のウエスト食べたごぼう天うどんから。

博多ウエストのごぼう天うどん

ごぼう天のごぼうは薄くスライスされていて細め。衣も薄く、かじるとシャキッシャキッとしたごぼうの食感が心地いいです。それにネギはもちろん青ネギ。

丸亀製麺でも青ネギ、天かすは一箇所にしかないのに、博多ウエストでは各テーブルごとに置いてあり、食べ放題の大盤振る舞い!カツオ、昆布の出汁とごぼう天に、たっぷりの青ネギがぶり合うんです❗

それに対して千葉は鎌ヶ谷。運ばれで直ぐに思ったのが、青ネギではなく白ネギ⁉︎ それも気持ちだけ..まあ関東ではラーメンも白ネギが普通なんですが。最近はスーパーでも九条ネギなど見かけますが少し前は太い青ネギはまず売ってませんでしたから、関東の人には馴染みがないのでしょうがないのかも。ただ博多のうどんに対してここは妥協して欲しくないところ、残念です。。

鎌ヶ谷店のごぼう天うどん

おまけに、ごぼう天を見て気付きませんか?衣の大きさ。中のごぼうはと言うと、実は、ごぼうの切り方も違いました、博多が細くて薄切りなのに対し、薄切りではなく簡単に言うと四角形のままの切り口です。ただ、それ以上に衣が厚くて大きく食べずらいです。もちろん食感も良くありません。

恐らくスープの出汁は同じ(カツオ、昆布ベース?)と思われますが、肝心なごぼう天の違い、そしてネギの違いは私にとってショックでした。(青ネギ好きなのもありますが)

そして、博多と言えば、鶏肉のかしわ飯のお結び。ごぼう天うどんと最高に合うのです。そして名脇役の沢庵。

片や、鎌ヶ谷店、残念ながらかしわ飯はメニューには見当たらず、ただ、高菜むすびがありました❗

九州ではよく食べられる高菜の葉でくるんだあっさりとしたお結び。これもごぼう天とはよく合います。ごぼう天うどんでがっかりした私でしがが、これは加点ポイントです!!

高菜結び

うどんを最後までいただきましたが、やはりごぼう天の、天ぷらの衣が厚く、最後には天ぷらの残骸が残ってしまいました。もう少し薄めの方が良いかな、ただ、千葉で博多のやわ〜いごぼう天うどんが食べれるだけ幸せです❤

ウエスト鎌ヶ谷店 千葉県鎌ケ谷市道野辺本町1丁目2−16

千葉県鎌ケ谷市道野辺本町1丁目2−16

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。