漸く完成!広島風お好み焼き

昨日の夕食はためしてガッテンで見た広島風の美味しい作り方をもとに広島風お好みに再挑戦。実は今まで何度も挑戦しては失敗していた。生地を作るコツは牛乳を加えること。今までベチョベチョでムラがあったが今回は綺麗なクレープ状に。キャベツを焼いた生地の上にしこたま載せる。そして豚肉、イカ天等を乗せひっくり返す。ここで2つ目のコツ、大量のキャベツが蒸されて半分のかさになるために必要な時間、約8分間じっくり待つ。後は別のフライパンで炒めた焼きそば麺と最後に玉子を敷き完成。広島のお店まではいかないまでもかなり近い味に。漸く自宅で美味しい広島風が完成した。これとビールがあればう~ん何も要らない!
因みに皆さんよく勘違いされていますが、そば麺が無くても広島風と呼びますし、そばが無くても十分美味しく作り方も簡単です。皆さんも是非挑戦してみてください。(写真は今日の昼にまた作ったそば無しです)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. ゆるゆる より:

    生地に牛乳ですか...
    焼きそばを入れなくても広島風というのですねー.

    で,生地に牛乳ですか...

    牛乳って熱するとあの幕みたいなのができるでしょ.だからいれちゃっておいしいのかしらん?

    「お好み」だからなんでもありなんでしょうけど.

    いっそのこと,粒チョコなんか入れてはどうでしょ!?

  2. 鯉太郎 より:

    Unknown

    >牛乳って熱するとあの幕みたいなのができる
    そもそもクレープ状の幕を作るのですから問題ありませんよ。

  3. お好み焼きの誘惑

    広島人はお好み焼きを食べたいという衝動に駆られること が珠にある。今日の昼が正にそうであった。昼休みという ことで時間も無いので自転車でひとっ飛び。 オフィス街に最近オープンした店に行ってきた。テーブルに座って も持ち運び用の鉄板に乗せて出 …