ラープとガイトート(タイ料理)

カオニャオとガイトート  ラープ
 

●ガイトート
今日は昼間忙しく夕飯は奥様にお願いした。ラープ(ひき肉と野菜の和え物)、ガイトート(鶏肉のフライ)とソムタム(本来は青パパイヤのサラダ)のタイ料理3品。特に美味しかったのはガイトート。骨付き肉をナンプラー、シーズニング等に漬け込んだ後油で揚げる。ケンタッキーサイズの骨付肉を2度、3度揚げして作った苦心の作。しかしその苦労もあってか味の方は本場にも負けてない。
●ラープ
ラープは今回は鳥ひき肉と焼き米、玉ねぎ、青唐辛子、とパクチー。本来はカオニャオ(餅米)と一緒に手で混ぜて食べるのがタイ北部イサーン料理風。う~ん手は汚れるけど、米の粘り気と野菜鶏肉が相まってなかなか美味い。
●ワイン
(白)BARON DE LIRONDEAU BLANCE SEC 仏 輸入宝酒造、コストコ 569円
多少エグい、甘みも強く、冷やしてもだめ。
(赤)COVEY RUN 米国(WA) メルロー コストコ 930円
甘いオーク樽の香、派手、酸味、タンニンもなくぼやけている。多少冷やすと渋み が出てぼちぼち(酸味に欠ける)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
励みになるのでクリックをお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク